こんばんは。設計営業の文子です。
2017年は残すところ20日。
やり残したことはなかったかな。

今日は「応急危険度判定士講習」を受講してきました。
25286042_10214784653875166_60633108_o
この紙、久しぶりに見ましたが「ドキッ」とします。

6年前の東日本大震災直後、判定士の資格は持っていませんでしたが
判定のお手伝いをしに七ヶ浜に行きました。
その時の光景は忘れられません。
建築士としての「箍」で「楔」としてずっと心に残り続けると感じます。

応急危険度判定は行政からの要請を受けて、全国の建築士が
ボランティアで判定を行います。
有事のときに自分にもできる事があるんだと知りました。


講習は宮城県県庁舎の講堂でだったのですがなんと初めて県庁舎に入りました。
庁舎三代目の現建物は89年竣工だそうですが
ずいぶんとクラシックな意匠の建物だったのですね。
25271007_10214784653475156_1309001751_o
隣の仙台市役所は築50年を越え、建替えの計画が決まり
東北大のスタジオでも建替えのリサーチやスタディに取組んでいるようです。
現市役所、高度成長期の日本の空気感を色濃く反映した建物です。
果たして50年という寿命は長いのか短いのか…。
25188196_10214784776118222_1441113380_n

次のイベントは来年です♪