こんにちは。営業設計の文子です。
今日から12月です。
あと一ヶ月で2017年も終わりということで
俄かに年末の空気が世の中に流れてきたような。

前回が「設計力」だったので今回は「現場力」のことを。
正確には現場力なんて言葉はないかもしれませんが
たぶん建設業で働いている人ならなんとなく分かると思います。

IMG_1804
▲零スタッフ内で現場力「強め」のワダとマツモト


「施工管理」という仕事があります。
零は設計事務所でもありますが工務店でもありますので
計画通り安全に、工程通りに、品質を保って、工事が進むように
管理する仕事をします。

IMG_1805
▲ワダの手描き施工図。線の太い細いや種類や記号が正確です。
 見易さに惚れ惚れします。

この仕事は俗に「セコカン」て呼ばれます。
中小工務店ではそこらへんも一切合財まとめて
現場代理人、つまり「カントクさん」がやります。
昔から激務で精神的にキツイ仕事と言われることが多いです。
でも、むかーし某大手ゼネコンのCMで忌野清志郎の「パパの歌」で
格好良かったのはたぶんセコカンのパパでした。たぶん。
ちなみに自分が建設業に飛び込むきっかけは
バイトした工務店のカントクさんが格好良くて憧れたからでした。
4
今、零では少し大きな現場を施工させていただいております。
一般的な住宅の3~4倍くらいの大きさでしょうか。
関わる職人さんの数も工種も住宅より多いです。
IMG_1800
▲毎朝の朝礼。最近は息が白いですが清清しいです。
2
3
▲KY(危険予知)活動表。

工事現場は危険がいっぱい。
職人さん一人ひとりがその日一日仕事を終え、無事に家に帰ることは
一人ひとりの、現場全体の努力で実現し、積み重ねていく奇跡なのだと思います。
それは現場の大小関わらず。

すべての現場で作業をしている職人さんたちみなさん。

「今日も一日、ご安全に。」