こんにちは。     (※スマホ = スマートフォン)

最近、よく耳にする『スマホ首』に反応して姿勢を正す意識を頑張っています。

でもよく考えたら図書館や電車や本屋さんで本など立ち読みしてる時も同じ体勢だから、スマホ見てないけど

物理的には『スマホ首』になるのかな・・・

家具作っている時も下向くこと多いし 『スマホ首かな・・・ 

などと1人妄想に耽りながら時間を過ごしている家具担当の藤田です。




今日は上記にも触れているスマホの衰えることのない勢いで、少なくなってきている壁一面の本棚製作について

手短にご紹介させていただきます。

①まず杉パネルをA4サイズが入る300以上の奥行になるようにカットします。

②小口面を鉋で綺麗に仕上げます。

③本棚ですので中間の棚板を追い入れ加工して重量に耐えれるようにします。
本棚 (1)

結構な枚数の棚板があるので彫り応えがあります。

本棚 (3)

④細工を施したら以前にご紹介したドイツのリボス社生産の自然塗料を塗布します。
 この塗料美味しくないけど舐めれます(笑)。
resize_image[4]
美味しそうでしょー(ごめんなさい)


⑤組み立てに入りますが自分の背丈ほどある板を振り回して暴れているのは『ジャッキーチェン』か
草津温泉で『湯もみしてる女性』くらいですね。どちらかというと後者かな・・(笑)。
o0400064910353859185[1] 1対8     20080414_483293[1]


本棚 (5)

⑥そして自分の加工場で仮組み。実は長さ5メートルもある大物で、さらにマンションの5階に手上げで
運ぶことを考えたら眠くなってきた。。。
本棚 (4)

⑦いったん4分割して現場へ上げます。
 以前現地調査した時にエレベーターギリギリだったので手上げで考えていたが
 誤算であっさりと台車ごとエレベーターに入ってしまう!!嬉しいイレギュラー!

⑧後は壁面に元通りに組みなおして完成ですー♪
本棚 (6)

本棚 (2)

写真では伝えきれないですが結構大きいです!でもそれがいいですね本棚は!
でも文明を感じるのは、この本棚に入る本のすべてが手のひらサイズの電子データ機器に入るということ、
またその二つ以上の選択肢があるこの時代に誕生できたことにも感謝したいですね!
そして新しいメディアから古いメディアへ行き来する現在が自分は心地よいです。

そんな大型造りつけ家具製作もしていますのでお気軽にご相談なさってください。

それでは最後までご閲覧いただきましてありがとうございました  m( _ _ )m