零スタッフの建築日記

2017年06月

こんにちは。先日夏風邪をひいたアベです。

市販の風邪薬ものど飴もないわが家では久々の喉の痛みにしんどい思いをしましたが、
唯一できた、『置き玉ねぎ』というのをしてみました。

とっても簡単。枕元に半分に切った玉ねぎを置いておくだけ。

玉ねぎの香りで、痛みが和らぐのだそう。

効果があったかどうかは定かではありませんが、笑
ひとつ勉強になりました。もし家に何もないときに、喉の痛みが出てきたら、ぜひお試しあれ。


さて本題ですが、数日前から書店に並んでいる、この2冊。もう読んだ方もいるかもしれませんね。

19668045_809638182527476_1736866497_n

『IECOCORO』と『SUUMO注文住宅』です。

零の家も、掲載していただいております!!!(宮城県版)

今回は、建築工房零のコンセプトハウス「丘の上の提案型住宅」3棟がモデル。

たくさん反響をいただいておりまして、嬉しい限りです。

お近くの書店やコンビニで、ぜひ手に取ってみてくださいね。

文章も含め、紙面をぜひ見ていただきたい!のですが、
少しだけおすそ分けを。

『IECOCORO』では、3棟のなかで唯一木組みの家、「土の家」をご紹介。

DSC_4975

少しマットな紙質に、しっとり落ち着いた「土の家」の雰囲気が良く合います。

DSC_5125


そして『SUUMO注文住宅』は、「空」「風」2邸をご紹介しています。盛りだくさん。
「空」

DSC_4728


DSC_4821


「風」

DSC_4399


②


実は、『SUUMO注文住宅』に載っている「空」「風」の2棟は、すまい手さんが決まりまして、うち1棟は実際に暮らしがはじまっています。嬉しい限りです。

零の家での暮らしを、楽しんでいただけたらなあと思います。

そしてそして。
今週末は。

『丘の上の提案型住宅 地面の高さで暮らす「土の家」プレミアム見学会』

が開催されますよ。(やっとタイトルとつながりました)
1-2 つち

家族とともに時を刻む、伝統構法のすまい「土の家」

1階の台所とだんらんの間の床の高さが、地面と一緒になるように設計された、地べたと同じ高さで寛ぐことのできるすまい。木組みの力強い梁の下で、畳や階段に腰を下ろせば、きっと深い安らぎと心地よさが、家族を包み込んでくれるでしょう。木々の緑や花の色、竹林を揺らす風の音、土の匂いなどから季節を感じられるような、日常の喜びに満ちた自然とともにある暮らしをお届けします。



まだ見れていない!という方。今週末はチャンスですよ。
ぜひ、お問い合わせ下さいね。

Free call  0800-222-2015 mail  z@zerocraft.com 


無題



こんにちは
最近は南へ土地があれば車を走らせ、
北へ契約があれば役所へ調査へ駆け込みと充実した毎日を送る
不動産事業部の藤村です。

最近の通勤道中の車内では、マイブーム中のBluno Marsの曲がずっと流れております。
その前はEd Sheeranが、その前はOne Republicと洋楽ばかりです。

そういえば、この間の住まい手さん宅訪問見学会にスタッフとして参加していたのですが、
一軒目のお宅でEd Sheeranの最新アルバムがBGMで流れており、
一人勝手にテンションが上がっておりました(笑)
誰も気づいていなかったでしょうけど。。。



さて、今日はどんな話を書こうかと思ったのですが、やはり不動産ネタが良いかと思い考えました。

さて質問です。
みなさん、「地番」って何か知ってますか?



・・・・。




はい・・・!




知らないですよね。ありがとうございます!
(知ってる人は黙っててください、この記事の意味がなくなります〜)

さあ「地番」ってなんぞや?という問いに対する答えですが、

一言で言うと、「土地の住所」です。







はい・・・!


「へ〜」と言う声が聞こえてきますね。



さて、ご存知の方はたくさんいるかと思いますが、

わかりやくすく、かつ文章だけでご説明いたします!

(けっして写真のネタが無かった訳ではございませんよ!)




〜〜〜遥か昔々、人類が原始時代の頃〜〜〜

ある人が言いました。

「この場所のこっからここまでは俺様のモンな!入ってくんなよ!

 わかりやすくするためのここに線を引いとくからな!

 境界って名前つけたらカッコよさそうだから、境界って名前だ!

 その内側は土地って名前な!わかりやすいだろ!」


そうです。
土地という名称は境界という名称の次にできたのです(嘘)


かくして人類はいつしか土地というものをそれぞれで所有し始め、その上に家を建てて、住まいました。

しかし、ここで一つの問題が浮上します。

そこの土地に住んでいる間はその人の土地ということは明白です。

しかし、出張(遠出の狩り)などで長期間離れている時も、その場所がその人の土地だとどうやって証明しましょう?

もしもジャイアンみたいな人が現れて、
「この場所、こっからここまでは俺様のモンな!入ってくんなよ!だって誰もいないんだからな!」
なんてバカ丸出し言い出したら大変です。


そこで人類は考えました。

地番という、土地専用の住所を決めて、権利を与えたら管理をし易いじゃないか!


みなさん、お分かりですか?
そうです!
そこから人類は、長い年月と叡智をかけて、不動産という概念を形成してきたのです。
(なお、この話は全てフィクションです。
全て筆者の空想あり、史実や事実にほぼ関わりはありません)




さて、そんなこんなで駄文を並べましたが、
以上で「地番」が何かお分かりいただけたでしょうか?
楽しんで書かせていただきましたので、頑張って読んでくださると大変嬉しい限りです。




さあ、お決まりのイベント情報コーナーです。
今月も残す所あとわずか。

今回は「住まいの設計塾」のご紹介です。

あえて私の主観でどんな講座か書かせていただくと、

弊社代表の小野が、

例のラジオでお馴染みの低音クールボイス(最高にカッコイイぜ!)で、

お客様と一緒になって、

零がどんな考えで家づくりを行なっているか、

持ち前のクールボイスとは裏腹に、

冬の薪ストーブよりも

熱い思い

とともに、わかりやすく懇切丁寧に、


勉強会形式でお伝えするイベントです。




詳細は下記紹介文をどうぞ!

 ↓ ↓ ↓ ↓
「すまいの設計塾」〔第6クール〕

2017年6月25日(日) 14:00~16:00

講座テーマ
「土地と間取りの関係」

建物のプランを描くためにまず必要なことは土地と周辺環境の検証です。
季節の太陽高度と風の動き、接道の状況とアプローチ、隣家や通行人からの目線、
自分達から隣家や通りに向けられる目線、
そこから見たい景色、更に「匂い」や「音」など、目に見えないものまで検証していきます。

今回の講座では、密接にかかわる「土地」と「間取り」の関係について学ぶことが出来ます。

●受付 13:30~
●会場 「ゼロ村市場」(仙台市泉区上谷刈6-11-6)
●参加費 お一人様500円(テキスト代として)
●講師 小野幸助 (株)建築工房零 代表取締役社長 一級建築士
※場合によって講師が変更になることがございます。予めご了承ください。
※お子様連れも歓迎です。

■申込先 フリーコール / 0800-222-2015 又は メールフォーム まで ※お名前、人数※1、ご連絡先(お電話番号・住所)をお伝え下さい。

※1 お子様が同行する場合、別途人数をお伝え下さい。




ーー・ーーー・ーーー・ーーー・ーーー


どうぞ、ご興味のある方はお問い合わせくださいまし〜。

総務経理課のホーノキです。


今日はすっかり晴れて、風も心地良く、気持ちがいいですねー。


毎週火曜日は 弊社事務所の外で村岡農園さんがマーケットを開いてくださるんです。

採れたての野菜を前にして、今日もいろいろとおしゃべりしていました。


会話の合間にふと柔らかな風。

いやー、しあわせだなー、と思ってました(笑)



私、この梅雨前の気候が、一年で好きな季節の一つです。



日差しがあれば、夏のように暑い。

一方木陰に入れば、風がひんやりして心地よい。

まるで、暑さを癒してくれるかのよう。

(この風のひんやり度は、ここ東北の特権の一つですね笑)


 

そしてそして、虫が少ない・・・笑



こんな日は、公園の木陰にあるベンチ、河原の木陰の野原で、本を片手にうつらうつら・・・したい私です




朝の匂いは、

 夏休みのラジオ体操に向かうときのような日もあれば、

 秋の運動会に向かうときのような日もあり。



風は少し肌寒く

 身体は布団にくるまり、脚は布団から投げ出して、

 冬の名残と夏の始まりを、ぜいたくに享受できる。



振り返って暦を見てみますと、明日6/21は夏至のようです。

えー、もう夏至なの!これから日中の時間が短くなるの!

と思うと、貧乏性故少し寂しい気もしますが、これからが暑さの本番ですね。



さて、今週末6/25(日)は、みなさんご存知「すまいの設計塾」☆


建物のプランを描くためにまず必要なことは土地と周辺環境の検証です。

季節の太陽高度と風の動き、更に「匂い」や「音」など、目に見えないもの

まで、密接にかかわる「土地」と「間取り」の関係についてお話しします。



ぜひ、心地よい日差しや風を感じて頂きながら、すまいのこと、将来のこと、生き方のこと、考えるのに良いきっかけにして頂ければと思います。
みなさまのより豊かな生活作りのお役に立てれば嬉しいです。



前回ご紹介した七十二候では、明日6/21から


「乃東枯 (ないとう かるる) : 夏枯草が枯れる」


になるそうです。



ちょうど村岡農園さんが、蛍の話をしてくれました。

畑の前に流れる川に、今蛍が飛んでるんだそうです。


七十二候では、「腐草為蛍 (ふそう ほたると なる)  :  腐った草が蒸れ蛍になる」

6/10-15頃とのこと。


地域によっても季節の過ぎ方はまた異なりますね。



長々とお読みいただき、ありがとうございました。

こんにちは。総務経理課の平山です。
梅雨……かと思いきや青空が見えたりするこの頃ですが、皆さまいかがお過ごしですか?

かくいう私は、冬の間の自堕落な生活を改めるべく冬物の家電や衣類を片づけたり、
少しでも「きちんと暮らしている感」を出そうとガーデニングを始めたりしております。

暮らしを変えるには環境から、だと思うのですが、賃貸住まいからお引越しをするほど差し迫った理由や熱意があるわけでもなく……
でも少しでも生活を良くしたい! という気持ちで始めたガーデニングですが、目に見える成果があると楽しいものですね。
最初は小さかった背がぐんぐん伸びたり、挿し穂で増やすことに成功したり……

1497406604756

比較的育てやすいと言われるローズマリーを枯らしたとは思えない充実っぷり!(個人比)

そして先日道端で拾ったラベンダーと、育てたミントを飾ってみました。

1497408105767

花を飾るとそのまわりの美化も意識できるとかできないとか……
お湯を注げばハーブティーとして飲めそう……

植物や季節、日々のお天気の恵に合わせて生活することも零の理念「地球と暮らそう」にちょっとつながるのかな、と思ったりもします。賃貸暮らしでも。

さて、私のように暮らしを変えたい! という思いがある方におススメのイベントのお知らせです。

すまい手さん宅訪問見学会 リノベ編
6/18㈰ 12:30受付開始・13:30出発 16:40解散

リノベーションしたお家2邸と現在進行中の寺岡のリノベーション提案型住宅をご覧いただけるイベントです。
お住まいを変えたきっかけや、実際の暮らしがどう変わったか等、ぜひすまい手さんにうかがってみてくださいね!

ご予約も多数いただいておりますので、ご予約はお早めに

電話:0800-222-2015
メール:z@zerocraft.com

こんにちは!
品管メンテのオザキですぅ。お久しぶりです。最近は事務所にいて座っていることが多いせいか、お腹がでてきました~。ヤバいです。この前もベルトが切れてしまい本気でダイエットしなきゃと思っております

そんなんだから点検時には、床下に潜るのが辛くて・・・いつも私よりも若いH君にお任せしちゃってます。スミマセンm(__)m

そんな点検でのひとコマ。
IMG_1691

子供たちは床下が珍しいんですね。おおはしゃぎしながら、ずーっと床下の点検が終わるまで覗き込んでいました。

点検での楽しみの一つは子供たちの成長を感じられることですかね。小さかった子供たちがあっという間に大きくなっている!子供の成長は早いですね。
それと、1~3年ぶりに会う子供たちに名前を呼んでもらうとすごーく嬉しいっ!
「オザキさ~ん。これたべて~。
IMG_1692

名前覚えててくれてたんだ~涙。ありがとう。

また実は・・・数年前まで私は、現場で施工する側でした。
点検しながら自分が施工したタイルをジロジロ。異常なし・・・ ε-(´∀`*)ホッ

IMG_1671

3年経ったけどものすご~く綺麗に使用して頂いて本当に嬉しいです✨

自分の施工したその後ってどうなっているのか?なかなか見る機会ってないですよね。
いい経験をさせてもらっております。本当に住まい手さんに感謝ですm(__)m

今度は他の職人さん達と点検訪問できたらいいなっ!


このページのトップヘ