零スタッフの建築日記

2017年05月

こんにちは。ワダアキコです。
実は現在、とあるところの工事を担当しております。
ヒント。
IMG_0865
IMG_0863
IMG_0862

そうそう。「動物注意」の標識が、鹿の絵という。
(写真がなくてすみません…。)

ここは牡鹿半島。小積浜というところです。
この地に、「鹿の解体・加工・処理施設」なるものをつくっている真っ最中です。

先日、地域の方々をお招きしての上棟式が行われました。
霧雨の中の式となりましたが、
神主さんのお話によると、
この辺りでは上棟式の時にわざわざ水をまくのだそうです。
水まきをする必要もなく、この雨はまさに「恵みの雨」。
IMG_0826
五色の旗も雨に濡れて、この日はおとなしめ。

IMG_0840
お施主様と棟梁による上棟の儀。
棟梁、いつでもどこでもヘルメットで安全第一かと思ったら、
「脱ぐの忘れてた」とのこと…。
ごめんなさい、伝えてあげられなくて…。

IMG_0851
式の後には、餅まきも。
あいにくのお天気でしたが、みなさんだいぶハッスルしておりました。

この「鹿の解体・加工・処理施設」は、
一般社団法人Reborn-Art Festivalが主催して今夏開催される、
Reborn-Art Festival2017の活動の一環と位置づけられております。
詳しくはこちら⇒Reborn-Art Festival2017

牡鹿半島では害獣とされる鹿を捕獲し解体して、
革も肉も骨も、食やアートに有効に活用することで、
震災で元気をなくした地域を
ふたたび盛り上げていくことを目的とした施設です。

フェスの終了後も、地域にとって意義のある存在となるよう、
行政や近隣の方々を巻き込みながら、つくりあげていきます。

フェスの開催期間は2017年7月22日(土)~9月10日(日)。
ん?!工事間に合うの…?!
大丈夫です。間に合います。
と、いうことで、がんばりますよ。
たてものが完成したら、また報告させていただきますね。



おばんです。あおのです。

もう少しで梅雨の時期となります。

なんと6月には祝日がありません。サザエさんのカツオがずいぶん昔に嘆いておりました。

ここでGWを振り返りたいと思います。

GWは泉の七北田公園にてBBQをしました!!!

BBQ!アウトドア!!と言えば建築工房 零の本領を発揮できる場所!!!
スウェーデントーチでスープを作ってみましたー!

他のみんなは、あんなものでスープがうまく作れるのかと半信半疑。

初めてだけれども、妙な自信があったわたしは大丈夫と言いながら料理を開始。

写真 2017-05-05 11 30 11
どーん!!と、これがスウェーデントーチ!!

写真 2017-05-05 11 34 30
こちらが出来上がり直前!!
うまそーです。

このまま炎ももってくれ、最後はBBQの火となりました。

うまく出来みんなでおいしく食べられました。

木と炎と鉄 これぞまさに建築工房 零です。

零の暮らしをちょっとみんなで体感できたかなと思います。

仕事を遊びにするあおのでした。
それではまたこんどー!


最近は仙台も暖かくなってきましたね。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

暖かいを通り越して暑いと感じ、梅雨前なのに今から半袖シャツを着ていて夏はどうしようかと考えている家具担当の藤田です。

今日は梅雨時期にお勧めなものについて2つ語らせていただきます。

tjmgYEJc[1]            rapture_20160126172114[1]
               クリックすると新しいウィンドウで開きます
 
1つは最近はダーツに押されて肩身の狭くなってきたビリヤードについてです(笑)

ビリヤードの起源は意外に古く、紀元前300~400年くらいから石を棒で弾いていたのが起源といわれてます(どのスポーツもこじ付け感ありますけど)。ヨーロッパが主流のようでした。

ちなみにダーツの起源は14世紀頃に考えられたとされています。
武器である弓矢をなげやすく短く切って素手でなげて的を狙って射り、
その腕前を競ったことがダーツの起こりといわれているらしいです。


では次にビリヤード球の変化を写真で見てみます。

【石】

石
その当時、うまく転がったのかな(笑) 棒(キューと呼ぶ)も曲がってただろうし、ストレス溜まりそうな感じ!!



【象牙】
象牙
これが流行ってたのは15世紀くらいで、日本では竹とんぼ、知恵板、こま、けん玉などの玩具が主流。対人というよりかは1人遊び道具が多いようなきがする。。。
しかも18世紀頃は象牙の玉を作るために多くの像が犠牲に。。。




【象牙赤球】

赤すぬーかー

イギリスではスヌーカーと呼ばれる点数ゲームが主流で色事に点数があり競い合うゲームです。
近頃はこのゲームができるお店は非常に少ない。そんな自分もスヌーカーは未経験です(笑)



【硬化プラスチック、フェノール樹脂、アクリル樹脂など】
9

これはみなさん見覚えがあるのではないでしょうか。。ちなみにここでようやく数字のついた球がでてきます。
数字入りの球はアメリカで考えられたようですが、この球を見たイギリス人はアメリカ人にこう言ったらしい。『アメリカ人は数字をつけないと球を覚えられないのか』とね。。。
そんなプライドより職業柄、数字入りの球の方が加工費が増えそうなどと思ってしまうから上達しません(笑)


そして次にビリヤードにはシステムと呼ばれる数式もあります。これがビリヤードを益々面白くさせて
くれますね!

数式しすてむ

このシステムも家具を製作するのと一緒で、1ミリずれたらうまくいかない。。なので息抜きで遊んだつもりが、逆にストレスを溜めてしまったりなんてこともビリヤードを愛する人には『あるある』なのではないでしょうか(^^)


そしてビリヤード人口が伸びなかった理由のひとつに1961年に日本で公開された映画『ハスラー』です。
この映画ではナインボールと呼ばれるゲームがメインですが、これが実は難しいゲームだったんです。球を真っ直ぐいれるだけでも1年くらいかかるのに初心者が番号どおりに落としていくなんてストレス爆弾を浴びるような
もんです(笑)。
難しい事、無理な事から始めると続かないものですね。

最後に2つめは木の匂いや触ってストレスフリーになりたい方へお勧めします。
6月3日(土)、4日(日)に丘の上の提案型住宅「土と暮らす」プレミアム見学会(※予約制)を
承っております。ぜひお越しくださいませー♪
         ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.zerocraft.com/kengaku.html

最後までご閲覧いただきありがとうございました♪

こんにちは。
デスクのヤマザキです。
普段は「法律」とか「性能」とか申請のお仕事をしております。
そんな私ですが、
とうとう自分の家を建てることにしました。

私にとっていつしか
家=幸せの象徴
になっていました。

夜、ひかっている窓を見たり
とか
そこで楽しく暮らす家族
とか
理由はなんだかはっきりとはいえないですけどね。


だから、そんな家づくりの役に立ちたくて建築を学びたくなったんですね。はい。

ですが、知識が偏ってて欲張りなわたし、(好きな言葉は一石二鳥です)
自分の家を作りながらしかも学びとっちゃえ。
ということで、
参加してみましたよ「土地活カフェ」
まずは、家を建てるなら土地選び。
ですからね。


私も土地探しを始めてみると、思ってたより簡単ではないな。
と思いました。
だから、
もし、家づくりを考え始めたら、いろんな情報をキャッチしといた方がいいなと思いました。
ご苦労されて、とうとう素敵な土地をゲットした住まい手さんの実話やプロのお話しがきけますよ。

次回の
土地活カフェは、
5月27日(土)14時~16時

詳細はこちら


IMG_0084

住まい手さんが親身にお話ししてくださいました。
IMG_0106

設計士目線でもアドバイスしてくれる福井さん
IMG_0139
奥に見えるのが、不動産のプロ 田口さん

IMG_0076
将来のために聞きにきた環境事業部 佐々木さん

今週末は家づくりの話+カフェでランチでもいかがですか?
お待ちしております。
ヤマザキでした。

こんにちは。カラリとしたここ最近の天気にウキウキしつつ、
夏の暑さにはめっぽう弱い企画広報のアベです。

さて、昨日は初の試みがありました。

その名も「ゼロ村牧場星空シアター」での映画上映会。

普段は「ゼロ村牧場パカラッチョ‼」。
馬が2頭ヤギが2頭いる自然いっぱいのアウトドアフィールドです。
DSC_0605

(こちら、牧場長の平井さんとアース。平井さんは馬と会話できます。)

上映した映画は、こちら
脱原発の映画を監督してきた河合弘之弁護士の監督第3作目であり、
世界中で起きている「再生可能エネルギー革命」を追った作品です。

各地で自主上映会が行われています。
chirashi_omote-768x1082


仙台市内から塩釜、石巻まで、多くの場所から集まった多くの参加者の中には、
電車とバスを乗り継ぎ、一人でゼロ村まで来た強者の高校生もいました!

それでは当日の様子を、抜粋してどうぞ。

DSC_0681

行くと毎回必ずアップデートされているゼロ村。
多くの方のDIYで、着実に進化しています。


DSC_0703

ピーカン照りだったゼロ村も、少しずつ暮れてきて上映開始を心待ちにしています。
今の季節は緑が青々していてすがすがしいですね~

DSC_0746

上映に合わせて、軽食としてピザもふるまいました。
そのピザ職人の方の、本気の背中。
普段はペレットストーブや薪ストーブを設置している「焚人」は、
イベント時はピザ焼き職人集団に早変わりなのです。

DSC_0762
ゼロ村に到着早々、子どもたちは川で遊びはじめます。

DSC_0813

今宵もピザは大盛況。美味しくないはずがない。


DSC_0802

わたくし阿部は進行役でございました。

DSC_0841

映画のスタート。
参加者の皆さんと一緒に、ヤギのみかんも一緒に映画を見ます。
DSC_0869

日が沈み切ると、とたんに冷えてくるゼロ村。
暮れてからは焚火にあたりながらの鑑賞でした。


DSC_0877


上映終了後は、参加者同士で感想をシェアしました。
「この映画から希望をもらえました。」
「星空の下、焚火の下で良い映画を観れて幸せでした。」
「夜上映だからどうだろう?と思ったけど、子どもたちも楽しめ、親も見たかった映画を観れ、家族で過ごすひと時は何とも言えない幸せな気持ちになりました。」
「想像以上に素敵な空間でした。川の音も素敵でした。」

などなど、たくさんの感想をいただきました。


映画終了後も、焚火を囲んで、しばらくだんらんは続きました。


建築工房零は、「脱原発」を掲げ、暮らしのエネルギーとして自然エネルギー利用を提案しています。
その中でもゼロ村は、「自然にあるもので楽しみ、必要なエネルギーはなるべく自然エネルギーを使う」ことを実践している場所です。例えば、建築に使う木材の木っ端などを「薪ボイラー」に入れ、お風呂のお湯や食器洗いに。必要な電気は、ソーラー発電でまかない、食事も薪ストーブで作る、などなど。

そんなゼロ村で、自然エネルギーを盛り上げていく映画を上映できて、良かったなあ、と思っています。
零の社是「地球と暮らそう。Act local,Think global!」をまさに実践したような、そんな一夜となりましたとさ。


アースとひめも、夜遅くまでお疲れ様でした。

DSC_0931

ヤギのみかんさんも、お疲れ様でした。(熱くないの??)
DSC_0950
(All Photo by ツバサ先輩、ありがとうございました。)




さてさて、長くなってしまいましたが、環境イベントはもちろん、
家づくりにお役立ちイベントも目白押しです!

5月最終週は2本立てです。

5/27㈯ ゼロノワ“土地活”カフェ @ゼロ村市場 
 土地探しにお困りの方。住宅展示場を見て回ってもなんとなくイメージが沸かない。誰かの話を聞いてみたい!という方。家づくりを考え始めたばかりだから、まずは経験者の話を聞いてみよう~!という方に、特にオススメです。

5/28㈰ すまいの設計塾「資金のプランニング」 @ゼロ村市場
 家づくりを考えている方すべてに聞いていただきたい、零の長寿イベントの一つ、「すまいの設計塾」。その中でも「資金のプランニング」は人気講座です。
 今回はゲスト講師として、ライフプランナーの鈴木さんをお迎えして開催します!


皆さんのお越しをお待ちしております!

このページのトップヘ