こんばんは。設計営業の文子です。
2017年は残すところ20日。
やり残したことはなかったかな。

今日は「応急危険度判定士講習」を受講してきました。
25286042_10214784653875166_60633108_o
この紙、久しぶりに見ましたが「ドキッ」とします。

6年前の東日本大震災直後、判定士の資格は持っていませんでしたが
判定のお手伝いをしに七ヶ浜に行きました。
その時の光景は忘れられません。
建築士としての「箍」で「楔」としてずっと心に残り続けると感じます。

応急危険度判定は行政からの要請を受けて、全国の建築士が
ボランティアで判定を行います。
有事のときに自分にもできる事があるんだと知りました。


講習は宮城県県庁舎の講堂でだったのですがなんと初めて県庁舎に入りました。
庁舎三代目の現建物は89年竣工だそうですが
ずいぶんとクラシックな意匠の建物だったのですね。
25271007_10214784653475156_1309001751_o
隣の仙台市役所は築50年を越え、建替えの計画が決まり
東北大のスタジオでも建替えのリサーチやスタディに取組んでいるようです。
現市役所、高度成長期の日本の空気感を色濃く反映した建物です。
果たして50年という寿命は長いのか短いのか…。
25188196_10214784776118222_1441113380_n

次のイベントは来年です♪

今週末12月10日(日)はWild-1仙台泉店さんとの共同企画で「火のある暮らし-焚人タキビト-」イベントを開催します。


1450081_543194055762833_1664227302_n

当日はペレットストーブのほかイギリスはハンターストーブの実演展示も行います。輸入元のエイコーテレシスさんもおり、ストーブに関することなんでも聞けますよ。当日は窯焼きピザの実演及び試食のほか温かい飲み物などをご用意しておりますので、買い物ついでなどに是非お立ち寄りください!

Skagen Classic 5_ 2_0001

当日展示機(予定)

・ハンターストーブ「Herald14」、「Aspect5」
・さいかい産業「RS-4」
・トヨトミ「MUUMUU」


開催日:12月10日㈰ 
時 間:10時~16時
会 場:Wild-1仙台泉店(仙台市泉区泉中央2-11-8)入り口前駐車スペース
備 考:予約不要
お問い合わせ: free call  0800-222-2015
        mail   z@zerocraft.com

こんにちは。営業設計の文子です。
今日から12月です。
あと一ヶ月で2017年も終わりということで
俄かに年末の空気が世の中に流れてきたような。

前回が「設計力」だったので今回は「現場力」のことを。
正確には現場力なんて言葉はないかもしれませんが
たぶん建設業で働いている人ならなんとなく分かると思います。

IMG_1804
▲零スタッフ内で現場力「強め」のワダとマツモト


「施工管理」という仕事があります。
零は設計事務所でもありますが工務店でもありますので
計画通り安全に、工程通りに、品質を保って、工事が進むように
管理する仕事をします。

IMG_1805
▲ワダの手描き施工図。線の太い細いや種類や記号が正確です。
 見易さに惚れ惚れします。

この仕事は俗に「セコカン」て呼ばれます。
中小工務店ではそこらへんも一切合財まとめて
現場代理人、つまり「カントクさん」がやります。
昔から激務で精神的にキツイ仕事と言われることが多いです。
でも、むかーし某大手ゼネコンのCMで忌野清志郎の「パパの歌」で
格好良かったのはたぶんセコカンのパパでした。たぶん。
ちなみに自分が建設業に飛び込むきっかけは
バイトした工務店のカントクさんが格好良くて憧れたからでした。
4
今、零では少し大きな現場を施工させていただいております。
一般的な住宅の3~4倍くらいの大きさでしょうか。
関わる職人さんの数も工種も住宅より多いです。
IMG_1800
▲毎朝の朝礼。最近は息が白いですが清清しいです。
2
3
▲KY(危険予知)活動表。

工事現場は危険がいっぱい。
職人さん一人ひとりがその日一日仕事を終え、無事に家に帰ることは
一人ひとりの、現場全体の努力で実現し、積み重ねていく奇跡なのだと思います。
それは現場の大小関わらず。

すべての現場で作業をしている職人さんたちみなさん。

「今日も一日、ご安全に。」

このページのトップヘ